キービジュアル

赤ワイン

キービジュアル

赤ワインの大きな特徴は、黒ブドウの実を皮や種ごと発酵させていることです。この果皮に赤い色素が含まれているため、ワインの色を赤くします。

さらに、種に含まれるタンニンという成分により、赤ワイン特有の渋味が出ます。

赤ワインの味わい要素

味の厚み(ボディ)
飲み口の濃厚さにより、フルボディ(重口)、ミディアムボディ(中口)、ライトボディ(軽口)に分けられます。
甘味度
ブドウ果実の完熟度によって、甘みが異なります。
渋味/酸味
ブドウ果皮や種子に含まれるタンニンが多いほど渋味が出ます。 ブドウ自体の酸味や収穫年ごとの天候、発酵の度合いによって酸味が変化します。

赤ワインの飲み頃温度

フルボディ(重口)は、冷やしすぎるとタンニン分から来る渋味が強調され、ワインの持つ本来の味わいを感じにくくなります。温度が高いほど渋味がまろやかに感じられるため、常温に近い方が良いとされています。

ライトボディ(軽口)は、少し冷やすと口当たりがよく、引き締まった味わいになります。

温度
氷水で冷やす場合
5分
家庭用冷蔵庫で冷やす場合
0.5〜1時間

赤ワインと相性のよい料理

  味の厚み(軽度) 味の厚み(中度) 味の厚み(重度)
相性 ライトボディの赤ワインには、脂が少なめの食材にトマトソースやしょうゆなどで仕上げた軽めの料理が合います。 ミディアムボディの赤ワインには、脂が程よくある素材と、しょうゆやトマトソースなど明るい色のソースで仕上げた料理が合います。 フルボディの赤ワインには、脂がしっかりある食材と、デミグラスソースなど濃い色のソースで仕上げた料理が合います。
調味料

調味料・料理

しょうゆ
トマトソース
みそ
カレー粉

しょうゆ
トマトソース
みそ
カレー粉
オイスターソース
デミグラスソース

調味料・料理

ウスターソース
デミグラスソース
ブラックペッパー
スパイス
焼肉のたれ

食材

食材

シーフード
甲殻類
鶏肉
豚肉

食材

シーフード
鶏肉
豚肉
牛肉

食材

鶏肉
豚肉
牛肉

和食

鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げ

お好み焼き

お好み焼き

すき焼き

すき焼き

中華

エビチリ

エビチリ

回鍋肉

回鍋肉

チンジャオロースー

チンジャオロースー

洋食

カレーライス

カレーライス

ハンバーグ

ハンバーグ

ビーフシチュー

ビーフシチュー

赤ワインの醸造・製法

1

ステップ1

破砕・除梗

収穫したブドウは、そのまま潰して果梗(ブドウについている小さな枝)を取り除きます。破砕とはブドウの果皮を破ること、除梗とは果梗を取り除くことです。この上で、果汁と果皮、種子はすぐに発酵槽に移されます。

2

ステップ2

発酵

酵母の作用によって、ブドウ果汁内に含まれていた糖分がアルコールと炭酸ガスに分解されます。これを発酵と呼び、果汁がワインに変わっていく重要な工程です。

3

ステップ3

引き抜き・圧搾

ワインが目標とする色と渋味に変わったところで、発酵槽からワインの液を引き抜きます。さらに圧搾によって、残った固形分に含まれているワインを搾り出す作業を行います。

4

ステップ4

後発酵

果皮を分離させたワインは、さらに時間をおいて糖分がなくなるまで発酵させます。

5

ステップ5

オリ引き

後発酵が終わって炭酸ガスの発生が止まった後、酵母、酒石、果肉、繊維などが沈殿して発酵槽の底に溜まります。このオリを取り除く作業を、オリ引きといいます。その後、樽熟成の段階に入ります。