レシピ&ワイン
ひき肉とごまの風味が凝縮した、ピリ辛坦々鍋。
公式
ピリ辛坦々鍋
寒い季節に嬉しいスパイシーな鍋レシピ。豆板醤でしっかり味を付けて香ばしく炒めたひき肉と、味噌仕立てのスープにはすりごまをたっぷり加え、仕上げにラー油と唐辛子でピリ辛に。深みのある味わいの坦々鍋です。
材料

2人分

豚ひき肉
100g
テンメンジャン※
大さじ1
豆板醤
小さじ1
日本酒
小さじ1
サラダ油
適量
青梗菜
1/2株
白菜
4枚
長ねぎ
1/2本
えのき
1/2束
ニラ
1/4束
唐辛子パウダー(または赤唐辛子の輪切り)
大さじ1/2
ラー油
適量
<スープ>
鶏がらスープ
カップ3
醤油
大さじ3
大さじ2
ねりごま(すりごまでも代用可)
大さじ4
コチジャン
大さじ1
砂糖
大さじ1
味噌
大さじ2
すりごま
大さじ2
作り方
  1. 1
    豚ひき肉をサラダ油で炒め、テンメンジャン、豆板醤、日本 酒を加え炒める。
  2. 2
    スープの材料を合わせ一煮立ちさせる。
  3. 3
    2に3cm幅に切った白菜、細切りにした青梗菜、5cm幅に切ったニラ、石突を取り手でほぐしたえのき、斜め切りにした長ねぎを加え煮る。
  4. 4
    3に1をのせる。仕上げにラー油、唐辛子パウダーをかける。
  5. ※テンメンジャンがない場合は、赤味噌に砂糖小さじ1を加えて使ってもOKです。
    このレシピに合うワイン

    しっかり味を付けたひき肉のうまみと、タップリ加えたごまのまろやかさに合わせて、ミディアムボディのなめらかな赤ワインがおすすめ。とくにメルローのまろやかさと、ごまや味噌仕立てのスープのふくよかな味わいがよく合います。

Premium
カッシェロ・デル・ディアブロ メルロー
カッシェロ・デル・ディアブロ メルロー
  • 【色】赤
  • 【国】チリ
  • 【地方】セントラル・ヴァレー
  • 【地区】ラペル・ヴァレー
  • 【原産地呼称】D.O. ラペル・ヴァレー
  • 【生産者】コンチャ・イ・トロ
その昔、貯蔵してあったワインのあまりのおいしさから盗み飲みが絶えなかったため、創立者ドン・メルチョー氏が『この蔵には悪魔が棲んでいる』という噂を流し、その美酒を守ったという、『悪魔の蔵』の伝説を持つワイン。この蔵は今もなおコンチャ・イ・トロ社に現存し、大切なワインが眠っています。赤みの強い紫色。チェリーのアロマの中にリコリス、そこにアメリカンオーク樽由来のほのかヴァニラやトフィーのような香りが溶け合います。口当たりはなめらかで上品なフィニッシュ。新鮮な黒い果実がこのワインのバランスを整えています。
Casual
サンライズ メルロー
サンライズ メルロー
  • 【色】赤
  • 【国】チリ
  • 【地方】セントラル・ヴァレー
  • 【地区】ラペル・ヴァレー
  • 【原産地呼称】D.O. ラペル・ヴァレー
  • 【生産者】コンチャ・イ・トロ
『サンライズ』は、チリNo.1ワイナリー(2014年チリINTELVID調べ)、コンチャ・イ・トロ社の9,000haの広大な自社畑の中で、年間300日の日照がある畑のブドウだけを使用して造られたワインです。サンライズのメルローは、15%カルメネールをブレンドした、チェリーなどの熟した赤い果実、プラム、カカオ、スパイスの圧倒的かつ奥行きのあるアロマが特長です。なめらかながらしっかりと主張するタンニンと酸が、エレガントな印象を形成します。フィニッシュも長く心地よい赤ワインです。
この記事のタグ
この記事をシェアしよう!
18人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
35件のコメントがあります。
ピリ辛がたまりません。
0 返信する
辛い料理でワインは余り飲まないけれど、
飲むなら濃い果実味のタンニンガッツリの
赤ワインかスパークリング ワインです 。
甘口なのも意外と合うかも (*ノ▽ノ)
0 返信する
おいしそう
0 返信する
明日作ってみます!
0 返信する
麺が大好きで、2日1回は激辛坦々麺を頂いています。
0 返信する
以前のコメントを見る