レシピ&ワイン
和食とワインっていいな! と思える意外な組み合わせ。味噌と赤ワインは実は鉄板!
公式
筍の柚子胡椒味噌焼き
筍の柚子胡椒味噌焼き
筍を大ぶりにカットし、味噌、柚子胡椒、オリーブオイル、マヨネーズを合わせたソースをたっぷり塗り、山椒の葉をのせてトースターで焼きます。表面に焼き色がつけば完成。マヨネーズの酸味とコクが隠し味です。
材料

2人分

茹で筍(2等分)
1本
味噌
大さじ1
柚子胡椒
小さじ1/2
オリーブオイル
大さじ1/2
マヨネーズ
大さじ1
山椒の葉
2枚
菜の花
2本
作り方
  1. 1
    味噌、柚子胡椒、オリーブオイル、マヨネーズを混ぜ合わせる。
  2. 2
    菜の花は塩茹でする。
  3. 3
    筍の表面に1を塗り、オリーブオイルを少量かけ(分量外)、トースターで6~7分程焼く。器に盛り付け、山椒の葉をのせ菜の花を添える。
  4. このレシピに合うワイン

    野菜がメインなのに赤ワインと合うのは、ソースの色&コクを赤ワインに寄せているから。味噌を焼いた香ばしさ、柚子胡椒のスパイシーさも赤ワインと相性バツグン。果実味のあるまろやかなタイプを選ぶのがおすすめです。

Premium
シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA
シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA
  • 【色】赤
  • 【国】日本
  • 【地方】山梨県
  • 【地区】山梨県
  • 【生産者】シャトー・メルシャン
昭和の初期、交配により生まれた日本固有のブドウ品種『マスカット・ベーリーA』は、山梨県で多く栽培される赤ワイン用ブドウです。生食用と醸造用のどちらにも使われる品種であるため醸造用専用品種よりも劣るという認識をもたれていた時代を過ごしてきましたが、90年代後半より、栽培方法を見直すなどにより熟度の高いマスカット・ベーリーAの育成に注力をしてきました。その山梨県産のマスカット・ベーリーAを使用し、程よい樽のニュアンスと甘美な果実の味わいがとてもバランスの良いワインです。
Casual
ボン・ルージュ オーガニック 赤
ボン・ルージュ オーガニック 赤
  • 【色】赤
  • 【国】日本
  • 【地方】日本
  • 【地区】日本
  • 【生産者】メルシャン藤沢工場
1996年の発売以来、愛され続けるロングセラーブランド。ブドウの果皮や種子に多く含まれている天然ポリフェノールを100mlあたり225mg、通常ワインの1.5倍(当社比)含む、健やか赤ワインです。有機ブドウ100%使用し、豊かに広がる香りと、まろやかな口当たりで濃く贅沢な味わいが特長です。世界的な有機認証機関である『ECOCERT(エコサート)』の日本法人『ECOCERTJAPAN(エコサート・ジャパン)』の認証を受けた安心のオーガニックワインです。
この記事のタグ
この記事をシェアしよう!
26人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
197件のコメントがあります。
旬の筍料理、私はシャンパンで食べてみたいです!
0 返信する
今が旬日本の食材なタケノコも、ワインと美味しくいただけるのですね
0 返信する
タケノコは大好きです
0 返信する
作り方にあるようにオリーブオイルをたっぷりかけて焼くのがみそですね。ワインと美味しく戴けました。
0 返信する
簡単なのに見栄えする料理ですね。ぜひ試してみます!
0 返信する
以前のコメントを見る