レシピ&ワイン
かぼちゃ、クリームチーズ、枝豆、オリーブ、レーズンがぎっしり。“萌え断”好きにおすすめ!
公式
ワインに合う!スタッフドバゲット
ワインに合う!スタッフドバゲット
バゲットの中身をくり抜き、マッシュかぼちゃ、クリームチーズ、枝豆、オリーブ、レーズンをざっくり混ぜて詰め、カットします。お皿に並べ、断面にパプリカパウダーをかけて出来上がりです。おしゃれなピクニック料理としても◎
材料

2人分

バゲット(中身をくり抜く)
1/2本
かぼちゃ(皮をむき2cm角切り)
80g
マヨネーズ
大さじ1
クリームチーズ
50g
ゆで枝豆(豆を取り出す)
20g
レーズン
大さじ1強
黒オリーブ(輪切り)
6粒
パプリカパウダー
適量
塩・コショウ
適量
作り方
  1. 1
    耐熱皿にかぼちゃと水(大さじ1)を入れ、ラップをして8分程加熱し、潰してマヨネーズ、塩・コショウと混ぜ合わせる。
  2. 2
    1、クリームチーズ、ゆで枝豆、レーズン、黒オリーブをざっくりと混ぜ合わせバゲットに詰める。
  3. 3
    2をスライスし、パプリカパウダーをかける。
  4. このレシピに合うワイン

    どこを食べても違う味に出合えるグルメなバゲットには、パンの香ばしさと相性のいいスパークリングワインがぴったり。レーズンの甘味&香りがアクセントになり、より深みのある味わいに。ふわふわの具材を泡でパチパチ弾ける食感にするのも楽しい!

Premium
コドーニュ クラシコ・セミ・セコ
コドーニュ クラシコ・セミ・セコ
  • 【色】白
  • 【国】スペイン
  • 【地方】スペイン
  • 【地区】スペイン
  • 【原産地呼称】D.O. カバ
  • 【生産者】コドーニュ
1872年にスペインで初めてカバを誕生させ、スペイン王室御用達ワイナリーとなっているコドーニュ社のスタイルを表現するのが『クラシコ』。その中でもセミ・セコはほのかな甘みが優しく広がる中口カバ。淡い麦わら色、伝統品種由来の柑橘系フルーツや瓶熟成由来のアーモンドの香りが、繊細な泡とハーモニーを奏でます。
Casual
プードゥ スパークリング
プードゥ スパークリング
  • 【色】白
  • 【国】チリ
  • 【地方】チリ
  • 【地区】チリ
  • 【生産者】コンチャ・イ・トロ
『プードゥ』は南米チリに生息する世界で最も小さな鹿。その可愛い鹿がモチーフのこのワインは、9,000haもの畑を所有するチリの名門コンチャ・イ・トロ社がお届けする、果実感ある豊かな香りと、さわやかな味わいが特徴の華やかなスパークリングワインです。
この記事をシェアしよう!
93人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
1047件のコメントがあります。
おいしそうですね
0 返信する
食べたいです
0 返信する
見た目はパン、でも中を切るとっていうびっくり感がたまりませんね^^。お店みたいでワインにも合いそう~vvv
0 返信する
カットせず普通のバケットに思わせて、カットしたらキレイな色合い!って驚かせたいかも。
0 返信する
バケットの上にカナッペ風に具材をのせることはありますが、中に入れる発想が無かったので、凄く参考になりました!
家族や知人が集まる時に是非作ってみたいです!
0 返信する
以前のコメントを見る