レシピ&ワイン
意外とハマる! いつもならデザート…の金柑を、ワインに合うおつまみに。
公式
金柑チーズ焼き
金柑を半分にカットして、チーズをのせて焼くだけの簡単レシピ。ピザ用チーズ、モッツァレラチーズをのせた金柑をトースターで焼き、生ハム、黒コショウを散らしていただきます。
材料

2人分

金柑(2等分)
5個
ピザ用チーズ
大さじ3
モッツァレラチーズ(手でさく)
30g
生ハム(細切り)
4枚
黒コショウ
適量
作り方
  1. 1
    耐熱皿に金柑を並べ、ピザ用チーズ、モッツァレラチーズをのせ、トースターで焼く。
  2. 2
    1に生ハムを散らし、黒コショウを振る。
  3. このレシピに合うワイン

    ハムの塩味とチーズのコクで甘味が引き立つ金柑は、スパークリングワインが飲みたくなるレシピ。焼いて甘味が増した果肉とほろ苦さのある皮は、スパークリングワインの要素ともぴったりマッチ。簡単&素敵なおもてなしメニューとしてもおすすめです。

Premium
アナ・デ・コドーニュ スリーバーボトル
アナ・デ・コドーニュ スリーバーボトル
  • 【色】白
  • 【国】スペイン
  • 【地方】スペイン
  • 【地区】スペイン
  • 【原産地呼称】D.O. カバ
  • 【生産者】コドーニュ
1872年にカバを初めて造り上げたカバの創始者であるコドーニュ社は、1983年に史上初のシャルドネを使用したカバを発売しました。そのカバこそが『アナ・デ・コドーニュ』です。内陸に位置し、冷涼な大陸性気候のライマットにあるコドーニュの自社畑のシャルドネを中心に、温暖な地中海性気候であるペネデスから、コドーニュの栽培・醸造スタッフが選抜した畑のチャレッロ、マカベオ、パレリャーダを使用しています。創業家であるコドーニュ家の名前を冠した最後の当主『アナ』の名を関したこのワインは、白をベースにしたスタイリッシュなスリーバーボトル仕様になっています。
Casual
デコルディ ランブルスコ・アマービレ ドン・ジュセッペ ビアンコ
デコルディ ランブルスコ・アマービレ ドン・ジュセッペ ビアンコ
  • 【色】白
  • 【国】イタリア
  • 【地方】エミリア・ロマーニャ
  • 【地区】エミリア・ロマーニャ
  • 【原産地呼称】I.G.P. エミリア
  • 【生産者】デコルディ
エミーリア・ロマーニャ州およびロンバルディア州南部を代表するワインの一つです。ランブルスコというブドウ品種から造られる微発泡の軽やかな口当たりが特徴で、ブドウ由来のフレッシュでさわやかな甘みは、イタリアだけでなく世界中で楽しまれています。白い花や柑橘系の香りと、程よい甘みとフレッシュな酸味のバランスのおかげでベタつかないさわやかな甘みが楽しめます。ドン・ジュセッペの名前はデコルディ家と親交が深くデコルディ家が創業時に所有していたレストランを引き継いだGiuseppeBolsi氏の名前に由来します。
この記事をシェアしよう!
103人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
1200件のコメントがあります。
体にいいって聞いたから、これ、おもしろそう。
0 返信する
金柑が沢山取れたので良いレシピを見つけました。
0 返信する
美味しそうですね(^^)
0 返信する
チーズ焼き大変オイシソー♪
0 返信する
金柑と生ハム!素敵ですね!!おいしそうです。
0 返信する
以前のコメントを見る