レシピ&ワイン
豪華な具をたくさん入れて華やかに。おめでたいお正月のパーティメニューにおすすめ!
公式
カニあんかけ茶碗蒸し
大きめの鉢に鯛の切り身、えび、しめじ、かまぼこ、ミニトマト、小松菜を入れ、茶碗蒸しをつくります。次にカニ、白ワイン、鶏がらスープ、醤油、みりんでつくったあんを茶碗蒸しにかけて完成です。冷やしてもおいしくいただけます。
材料

3~4人分

水溶き片栗粉
水小さじ2・片栗粉小さじ1
【A】
1個
出汁
50ml(水+かつお顆粒小さじ2)
みりん
大さじ1
大さじ2
少々
【B】<具>
鯛(切り身 4等分)
1切れ
エビ(殻をむく)
4尾
しめじ
1/4パック
かまぼこスライス
4枚
ミニトマト
4個
小松菜(3cm幅)
1/4束
【C】
白ワイン
20ml
鶏がらスープの素
小さじ1/2
醤油
小さじ1/4
みりん
小さじ1
カニ缶
30g
50ml
作り方
  1. 1
    【A】を混ぜ合わせザルでこす。
  2. 2
    器に【B】の具を並べ1を注ぎ、蒸し器(または鍋)に少し水を入れて7~9分蒸す。
  3. 3
    【C】を合わせ一煮立ちさせる。ここへ水溶き片栗粉を加え、とろみを付ける。
  4. 4
    2の上に3をかける。
  5. このレシピに合うワイン

    カニ入りあんかけで豪華に仕立てた茶碗蒸しには、和食に寄り添う甲州ワインがおすすめ。カニやエビの出汁を余すことなく味わえる茶碗蒸しと、甲州ワインの旨みとの相乗効果で、リッチなおいしさが口いっぱいに広がります。

Premium
シャトー・メルシャン 山梨甲州
シャトー・メルシャン 山梨甲州
  • 【色】白
  • 【国】日本
  • 【地方】山梨県
  • 【地区】甲州市勝沼地区
  • 【生産者】シャトー・メルシャン
山梨県で古くから栽培されている日本固有のブドウ『甲州』を使用し、瓶詰め直前まで貯蔵タンク中で澱と接触させ育成(シュール・リー製法)することで、しっかりとしたうまみと厚みのある辛口ワインに仕上げています。和洋折衷、さまざまなメニューが登場する日本の食卓におすすめのワインです。
Casual
日本の地ワイン 国中甲州
日本の地ワイン 国中甲州
  • 【色】白
  • 【国】日本
  • 【地方】山梨県
  • 【地区】国中地域
  • 【生産者】メルシャン
『日本の地ワイン』シリーズは、ワインの個性の大半を決定する『ブドウ品種と産地』をわかりやすく、シンプルにラベルに表示しました。さらに栽培管理責任者、醸造責任者、収穫年、育成方法、香味も明示することにより、このワインを育んだ、さまざまな要素を実感できる味わいに仕上げました。山梨県国中(くになか)地域は標高450〜550mの南アルプスを望む丘陵地帯に位置しています。日本におけるブドウ栽培の歴史の長い山梨県の中でもブドウ栽培の歴史のある地域で、キレのあるすがすがしい酸味を持った甲州が栽培されています。さわやかな酸味と程よい厚みが楽しめるワインです。
この記事のタグ
この記事をシェアしよう!
68人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
986件のコメントがあります。
豪華な茶碗蒸しですね〜♪
0 返信する
今夜はこれで一杯やります(≧▽≦)
0 返信する
新しい種類の茶わん蒸しワインに合いそう
0 返信する
日本酒が一番合いそうですが、ワインなら辛口の白。
0 返信する
色どりが、とても綺麗ですね!体も温まりそうですね!
0 返信する
以前のコメントを見る