レシピ&ワイン
ブリの照り焼きよりカンタン!? ブリとチーズが口の中でとろけて感動的なおいしさに!
公式
ブリのオイスターバターソテー
ブリの切り身を2~3等分してバターで焼き、オイスターソースを絡めるだけで出来上がり。春菊、ブリーチーズなどを添えていただきます。チーズは白カビタイプ、もしくはモッツァレラチーズを選ぶのがポイント。
材料

2人分

ブリの切り身(2等分)
2切
バター
20g
オイスターソース
大さじ1と1/2
春菊(葉を摘む)
1/4束
ブリーチーズ(3cm薄切り)※
50g
作り方
  1. 1
    フライパンにバターを溶かしブリをソテーし、オイスターソースを加え絡める。
  2. 2
    器に1を盛り付け、春菊、ブリーチーズを散らす。

    ※ブリーチーズ:白かびチーズの一種。カマンベールやモッツァレラでも代用可。
  3. このレシピに合うワイン

    魚の旨みをソースのコクで引き立てたソテーには、果実を凝縮させたような甘い香りを持つ赤ワインがぴったりです。クリーミーなチーズの旨みが重なり合って、さらにワイン寄りのおいしさに。日本のハーブである春菊ともベストマッチです。

Premium
シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA
シャトー・メルシャン 山梨マスカット・ベーリーA
  • 【色】赤
  • 【国】日本
  • 【地方】山梨県
  • 【地区】山梨県
  • 【生産者】シャトー・メルシャン
昭和の初期、交配により生まれた日本固有のブドウ品種『マスカット・ベーリーA』は、山梨県で多く栽培される赤ワイン用ブドウです。生食用と醸造用のどちらにも使われる品種であるため醸造用専用品種よりも劣るという認識をもたれていた時代を過ごしてきましたが、90年代後半より、栽培方法を見直すなどにより熟度の高いマスカット・ベーリーAの育成に注力をしてきました。その山梨県産のマスカット・ベーリーAを使用し、程よい樽のニュアンスと甘美な果実の味わいがとてもバランスの良いワインです。
Casual
おいしい酸化防止剤無添加赤ワイン 厳選素材 ペットボトル
おいしい酸化防止剤無添加赤ワイン 厳選素材 ペットボトル
  • 【色】赤
  • 【国】日本
  • 【地方】日本
  • 【地区】日本
  • 【生産者】メルシャン藤沢工場
ワインの有名産地であるチリ産の『ワイン用高級ぶどう品種(カベルネ・ソーヴィニヨン)』を使用した、本格的なコクのある味わいの酸化防止剤無添加ワインです。醸造から瓶詰めまで、ワインと酸素の接触を最小限にして製造時の酸化を抑えるメルシャン独自の『フレッシュ製法』を採用しました。フルーティな香りと、渋味と果実味のバランスがとれたコクのある味わいです。お客様にワインをより気軽に楽しんでいただくために、ワインの品質を守るコーティングを強化した『ワインのためのペットボトル』入りです。
この記事のタグ
この記事をシェアしよう!
96人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
1114件のコメントがあります。
良いね!
0 返信する
いつもブリ大根や照焼きで食べているのですが、華やかでイイですね〜♪
オシャレ!
0 返信する
ブリはいつもワンパターンになってしまうので、作ってみたいです!おいしそー!
0 返信する
生臭いぶりですがオイスターソースで食べるならおいしそう。
0 返信する
オイシソー♪
0 返信する
以前のコメントを見る