レシピ&ワイン
鶏肉の下ごしらえをしてオーブンで焼くだけ! 簡単なのに豪華だから気分もアガる!
公式
クリスマス★おうちローストチキン
フライパンで鶏もも肉の皮に焼き色をつけ、耐熱皿にのせて、ハチミツ・粒マスタードを塗ります。小玉ねぎ、芽キャベツ、ミニトマト、ブドウを空いたところに並べ、白ワイン、オリーブオイル、バターをかけ、オーブンで焼き上げます。
材料

2人分

鶏もも肉(骨付き)
3本
小玉ねぎ(皮をむく)
6個
芽キャベツ
8個
ミニトマト(緑)
4個
ブドウ(緑、紫)
各6~10粒
白ワイン
100ml
バター
20g
ハチミツ
大さじ2
粒マスタード
大さじ1
塩・コショウ
適量
オリーブオイル
適量
作り方
  1. 1
    フライパンにオリーブオイルを熱して鶏肉の表面を焼き、取り出す。
  2. 2
    ハチミツ、粒マスタードを混ぜ合わせ、1の表面に塗り耐熱皿にのせる。
  3. 3
    2の周りに小玉ねぎ、芽キャベツ、ミニトマト、ブドウを散らし、白ワインを注いでバターを散らし190度のオーブンで40~50分程焼く。
  4. このレシピに合うワイン

    パーティ料理の王道・ローストチキンを至福の味わいに昇華させてくれるのは、やっぱりスパークリングワイン! ハニーソースに包まれた香ばしいチキンをさらに泡が包み込み、旨みをプラス。付け合わせの野菜&フルーツの甘みとともにぜいたくなおいしさを味わって!

Premium
コドーニュ クラシコ・セコ
コドーニュ クラシコ・セコ
  • 【色】白
  • 【国】スペイン
  • 【地方】スペイン
  • 【地区】スペイン
  • 【原産地呼称】D.O. カバ
  • 【生産者】コドーニュ
1872年にスペインで初めてカバを誕生させ、スペイン王室御用達ワイナリーとなっているコドーニュ社のスタイルを表現するのが『クラシコ』。セコは、少し供出温度を上げるとわずかに甘みを感じる柔らかな辛口。好みの違う複数人数で飲用する機会にも自信を持ってお勧めできる1本です。淡い麦わら色。伝統品種由来の柑橘系フルーツや瓶熟成由来のアーモンドの香りが、繊細な泡とハーモニーを奏でます。
Casual
サンライズ スパークリング
サンライズ スパークリング
  • 【色】白
  • 【国】チリ
  • 【地方】セントラル・ヴァレー
  • 【地区】セントラル・ヴァレー
  • 【原産地呼称】D.O. セントラル・ヴァレー
  • 【生産者】コンチャ・イ・トロ
チリNo.1ワイナリー(2014年チリINTELVID調べ)、コンチャ・イ・トロ社の9,000haの広大な自社畑の中で、年間300日の日照がある畑のブドウだけを使用して造られた『サンライズ』のスパークリングワイン。シャルドネ等を使用した、柑橘系の豊かでフレッシュなフルーツ香とすっきりした酸のバランスが特長です。イベントの時だけでなく、日常でちょっとおしゃれな気分に浸りたい時、ちょっぴり豪華にいきたい時、そんなシーンにぴったりの辛口スパークリングワインです。
この記事をシェアしよう!
89人のメンバーがいいね!と言ってます
「いいね!」と言っている人
925件のコメントがあります。
おいしいわ
0 返信する
見た目も味も良さそう。
0 返信する
クリスマスと言えばこれしかないですよね!!
0 返信する
豪華で美味しそうです
0 返信する
おいしそうですね!
0 返信する
以前のコメントを見る