キービジュアル

ワインのおいしい温度とは

ワインの味わいは温度によって変わることを知っていますか?

ワインには、その魅力が最大限に発揮される温度があります。ここではワインが美味しい温度の見極めについて学びましょう。

温度による味わいの違い

温度によりワインの味わいは変化します。美味しい温度の参考にしてみてください。

温度による味わいの違い

赤ワインの飲み頃温度

赤ワインの飲み頃温度

フルボディ(重口)は、冷やしすぎるとタンニン分から来る渋味が強調され、ワインの持つ本来の味わいを感じにくくなります。温度が高いほど渋味がまろやかに感じられるため、常温に近い方が良いとされています。

ライトボディ(軽口)は、少し冷やすと口当たりが良く、引き締まった味わいになります。

温度
氷水で冷やす場合
5分
家庭用冷蔵庫で冷やす場合
0.5〜1時間

白ワインの飲み頃温度

白ワインの飲み頃温度

冷やしすぎるとワインの持つ本来の味わいが感じにくくなります。逆に温度が高いほど香りが豊かに。

甘口に関しては、温度が低いほど甘味がサッパリと感じられます。

温度
氷水で冷やす場合
20分
家庭用冷蔵庫で冷やす場合
3〜4時間

ロゼワインの飲み頃温度

ロゼワインの飲み頃温度

辛口のロゼワインは冷やしてスッキリと、甘口のロゼワインはさらに冷やした方が、甘みが残り過ぎず美味しく感じられます。

温度
氷水で冷やす場合
20分
家庭用冷蔵庫で冷やす場合
3〜4時間

スパークリングワインの飲み頃温度

スパークリングワインワインの飲み頃温度

スパークリングワインは、基本的にはしっかり冷やして楽しみましょう。
複雑味のあるタイプは、少しだけ高めの温度の方が美味しく感じられることもあります。

温度
氷水で冷やす場合
20~30分
家庭用冷蔵庫で冷やす場合
4〜5時間

column

ロックワイン&ホットワイン

ワインの美味しい温度について解説してきましたが、もっとカジュアルにワインを楽しみたいという方には、氷を入れたグラスにワインを注ぐ「ロックワイン」、温めたワインに好みでハチミツや砂糖を加える「ホットワイン」といった飲み方がおススメです。気軽に美味しく楽しめるので、ぜひ試してみてください。