キービジュアル

ワインのスマートな開け方

スマートに、丁寧にワインを開けられれば、ワインの味わいも格別です。難しいと考えられているワインの開栓を、動画・写真で分かりやすく解説します。

ワイン(コルク栓)ソムリエナイフ

ソムリエナイフの形状によって開け方が異なります。

ダブルアクションタイプ

ダブルアクションタイプ

フックが2つ

シングルアクションタイプ

シングルアクションタイプ

フックが1つ

ダブルアクションタイプ

画像で見る開け方(ダブルアクションタイプ)

ダブルアクションタイプ

Step1

ボトルネックの出っ張りの下の部分にまずは半周、ソムリエナイフの刃で切り込みを入れる。

ダブルアクションタイプ

Step2

ソムリエナイフを持ちかえ、もう半周切り込みを入れる。

ダブルアクションタイプ

Step3

切り込みを入れた部分から上に向かって縦方向に切り込みを入れ、キャップシールの上部を取り外す。

ダブルアクションタイプ

Step4

ソムリエナイフのスクリューの先端をコルクの中心に当て、垂直に刺し込む。

ダブルアクションタイプ

Step5

コルクの中心にまっすぐになるように調整しながら、スクリューを刺し込む。
※約3回転程回す。

ダブルアクションタイプ

Step6

ボトルの瓶口に一つ目のフックをひっかけ、しっかり手で押さえながら、テコの原理で持ち手の部分を真上に引き上げる。

ダブルアクションタイプ

Step7

二つ目のフックをボトルの瓶口にひっかけ、しっかり手で押さえながら、真上に引き上げる。

ダブルアクションタイプ

Step8

コルクが上部にあがったらコルク部分を手で持ち、抜く。

シングルアクションタイプ

画像で見る開け方(シングルアクションタイプ)

シングルアクションタイプ

Step1

ボトルネックの出っ張りの下の部分にまずは半周、ソムリエナイフの刃で切り込みを入れる。

シングルアクションタイプ

Step2

ソムリエナイフを持ちかえ、もう半周切り込みを入れる。

シングルアクションタイプ

Step3

切り込みを入れた部分から上に向かって縦方向に切り込みを入れ、キャップシールの上部を取り外す。

シングルアクションタイプ

Step4

ソムリエナイフのスクリューの先端をコルクの中心に当て、垂直に刺し込む。

シングルアクションタイプ

Step5

コルクの中心にまっすぐになるように調整しながら、スクリューを刺し込む。
※約3回転程回す。

シングルアクションタイプ

Step6

ボトルの瓶口にフックをひっかけ、しっかり手で押さえながら、テコの原理で持ち手の部分を真上に引き上げる。

シングルアクションタイプ

Step7

コルクが上部にあがったらコルク部分を手で持ち、抜く。

1

ポイント1

開け方のコツ

ソムリエナイフは難しいと敬遠されがちですが、ボトルを立てた状態でコルクを抜くスタンド抜栓なら、コツさえ掴めば、すぐにマスターできます。

コルクスクリューをコルクの中央にあてるときや、テコの原理で引き抜くときに、人さし指を添えると、上手に開栓できます。

スクリューキャップ

画像で見る開け方

スクリューキャップ

Step1

キャップとボトルの境目の部分とボトルの底を持つ。

スクリューキャップ

Step2

ボトルの上部を手で固定し、「カチッ」と音がするまで、下の手でボトルを回す。

スクリューキャップ

Step3

「カチッ」と音がするまで回し、手でキャップを回して栓を開ける。

1

ポイント1

注意

キャップのつなぎ目に手がかかると、開栓時につなぎ目が切れた際、ケガにつながることがあるので注意しましょう。

キャップのミシン目の上下を持つと開栓できません。

ソムリエナイフ、カッターなどは使用しないこと。

写真のように、キャップの上下の部分をつかんで回しても開きません。

注意
注意

スパークリングワイン

画像で見る開け方

スパークリングワイン

Step1

開栓する前にボトルを十分に冷やす。
※氷水で約30分、冷蔵庫で約4時間

スパークリングワイン

Step2

栓を覆っているシールを手ではがす。

スパークリングワイン

Step3

クロスやタオルをかぶせ、コルク栓の頭を片方の親指でしっかりと押さえながら、もう片方の手でコルク栓についているワイヤー(針金)を緩める。

スパークリングワイン

Step4

コルク栓をしっかり押さえながらボトルを回し、コルク栓を徐々に上に持ち上げる。
※机に置いたままボトルを回すと安定します。
※この時、コルク栓を無理に引っ張って抜かない。

スパークリングワイン

Step5

最後にコルク栓を傾けるようにしてボトルとコルク栓の隙間から炭酸ガスをにがす。十分に炭酸ガスが抜けたら静かにコルク栓を抜きます。

1

ポイント1

注意

破瓶の危険があるため、スパークリングワインの場合は、ワイン栓抜きは絶対に使用しないこと。

開栓時、炭酸ガスの圧力により栓が飛び出したり、中味が噴出したりすることがあるので注意しましょう。

注意

オープナーの種類

ソムリエナイフ

ソムリエナイフ

ちょっと敬遠されがちですが、慣れると使いやすいタイプです。コルクスクリューをコルクの中央にあてるとき、またテコで引き抜くときに、人さし指を添えると、上手に開栓できます。

ダブルコルクスクリュー

ダブルコルクスクリュー

瓶口に正しくコルクスクリューをあてて刃先をねじ込み、上部の金具を切り替えて、さらに回転させるとコルクが上がります。

レバー式コルクスクリュー

レバー式コルクスクリュー

瓶口を包むようにあてて、コルクスクリューを回し入れ、両側に開いたレバーを2本同時に引き下げて開栓します。

A.T字型コルクスクリュー、B.スクリュープル

A.T字型コルクスクリュー

瓶口を包むようにあてて、コルクスクリューを回し入れ、両側に開いたレバーを2本同時に引き下げて開栓します。

B.スクリュープル

レバーを回転させコルクに押し込み、さらに回転させることによりコルクが上がっていくタイプです。

デキャンタ

デキャンタ

Step1

ワインを注ぎ込むときには、デキャンタの首の部分にワインがあたるよう、静かに注ぎ入れる。このときペンライトやろうそくの光で透かして瓶の中のオリが入らないようにする。

デキャンタ

Step2

注ぎ終わったらトップ栓をしないで、しばらく置く。