キービジュアル

レストランでのホストテイスティングの仕方

さあ、ワインが運ばれてきました。運ばれたワインは注文したものか、健全なワインか、等のチェック(ホストテイスティング)をします。 緊張しては折角の雰囲気も台無しです。まずはゲストと「楽しい時間」を過ごすための心遣いと考えて、気軽にホストテイスティングをしてはいかがでしょうか。

ホストテイスティングの仕方とポイント。
(1)まずラベルをよく見ます。銘柄やヴィンテージが注文したものかどうか確かめましょう。
(2)グラスにワインが少し注がれたら、グラスのステム(脚)かベース(台)の部分を持ち、色を見ます。健全なワインかどうかのチェックです。テーブルクロス等白いものを背景にすると、液面がよく見えます。
(3)グラスを鼻先に近づけ香りをかぎ、グラスを回してから深くかぎます。
(4)ワインを口に含み、ゆっくりと舌の上でころがしてから飲み込みます。もしワインの香りや味わいに違和感があったら、ソムリエにもチェックしてもらいましょう。
ホストテイスティングはワインの"おいしい・おいしくない"を確かめるものではなく、注文したワインに異常がないかを見るために行うものです。口に合わないからといって、取り替えることはできませんので、ご注意ください。