ワインすき!ワインスタイル
2017/03/16

ロゼワインを楽しもう!Spring has come.

2641 view
27
クリップ

日本の春はやっぱりロゼ!
そよ風が頬を撫でるうららかな季節、
そんな春のひとときをロゼワインで愉しみましょう♪

Scene 1

ポカポカ陽気の昼下がり。バスケットにお弁当を詰め込み、気の合う仲間とお花見へ。
お気に入りのロゼワインで乾杯すれば、楽しさ満開!

Scene 2

お花屋さんで桜の枝を買って、食卓に飾れば、ちょっとしたお花見気分に♪
花瓶の代わりにジャーポットにさりげなく飾ってもおしゃれ。乾杯ワインはロゼのスパークリングで。

Scene 3

フランスの「アペロ(アペリティフの略)しない?」という食習慣、日本でもここ数年盛り上がりを見せていますね。
春はやっぱり、Apéro+Rose Winé--というわけで、ちょっとアペロゼしない!?

Scene 4

幅広い料理と相性がいいロゼワイン。食事と共に楽しむのにピッタリです。
魚貝類にも合うので、みんなで楽しむ手巻き寿司パーティのおともにもおすすめです!

Scene 5

南仏プロヴァンスのカフェやレストランはバカンスを楽しむ人々で賑わいます。そんなバカンス上級者達が飲んでいるのは、決まってロゼワイン♪♪今年の春は、フランス人を真似してちょっぴり贅沢な休日を楽しんではいかが?

おすすめロゼワイン

サンライズ スパークリング・ロゼ
サンライズ スパークリング・ロゼ

チリNo.1ワイナリー※、コンチャ・イ・トロ社の9,000haの広大な自社畑の中で、年間300日の日照がある畑のブドウだけを使用して造られた『サンライズ』のスパークリングワイン。赤い果実の豊かでフレッシュなフルーツ香とすっきりした酸のバランスが特長です。
※2015年チリINTELVID調べ

日本のあわ 穂坂マスカット・ベーリー A
日本のあわ 穂坂マスカット・ベーリー A

山梨県韮崎市穂坂地区のマスカット・ベーリー Aを、美しい色合いとフルーティでなめらかな味わいのロゼスパークリングワイン『あわ』に仕上げました。『あわ』は、日本のブドウによる、しっかりとしてきめ細やかな心地よい泡立ちのワインを意味します。

コドーニュ バルセロナ・エディション・ロゼ
コドーニュ バルセロナ・エディション・ロゼ

1872年にスペインで初めてカバを誕生させ、スペイン王室御用達ワイナリーとなっているコドーニュ社は、果実の持つフレッシュな味わいを非常に大事にしたワイン造りをしています。伝統品種であるモナストレル、ガルナッチャ、トレパットを使用した、フレッシュ&フルーティで、色鮮やかな辛口ロゼスパークリングです。

シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ
シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ

シャトー・メルシャン アンサンブルは日本国内で育まれるそれぞれの産地のブドウをマリアージュすることで生み出される味わいの『調和(アンサンブル)』が楽しめるワインです。メルローを主体に、マスカット・ベーリーAなどをバランスよくブレンドしたうまみのある辛口ロゼワインです。

ドメーヌ・カズ カノン・デュ・マレシャル ロゼ
ドメーヌ・カズ カノン・デュ・マレシャル ロゼ

ドメーヌ・カズは、豊富な受賞歴を持ち、多くの3ツ星レストランでオンリストされる国際的評価の高いドメーヌであり、フランス最大のビオディナミを実践する造り手です。柑橘類や洋ナシ、チェリーやストロベリーを思わせる繊細でいきいきとした果実の香り、さわやかな酸味、軽快な口当たりが心地よいワインです。

カッシェロ・デル・ディアブロ ロゼ
カッシェロ・デル・ディアブロ ロゼ

盗み飲みからワインを守るため、悪魔がいるという噂を流したという伝説を持つ『悪魔の蔵』という名のワイン。少し紫がかったイチゴのような鮮やかな色。赤や黒のベリーのアロマにスパイスが感じられます。口中はブラックベリーやフレッシュなプラムなどが感じられ、しっかりとした骨格に心地よい酸が続きます。

この記事のタグ
27件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください