Tips ワインを楽しむコツ
2016/07/28

新発想!夏のクールなワインの楽しみ方♪

夏の暑さを吹き飛ばすなら、冷え冷えのロックワインがおすすめ! 今回は、さらにカンタンでおしゃれ、今夏のトレンドになりそうなワインの楽しみ方をご紹介します。
見た目にもアガるインパクト大なアレンジで、まわりをアッと驚かせてみませんか?

氷を入れて楽しむワインは、もはや夏の大定番!

口当たりがよく、気軽に飲めて、のどごしスッキリなロックワインは夏のイチオシ。グラスに氷を入れて、ワインを注ぐだけだから、つくり方も超カンタン。特にBBQなどアウトドアのシーンにはぴったりのワインの飲み方といえます。
こだわり派のみなさんなら、透明感のある丸い氷でカラカラとグラスを揺すりながらバー風に、クラッシュアイスでカクテル風になど、気分に合わせてアレンジしてみるのもおすすめ!

氷を入れただけでは満足できない人におすすめ!フレーバーキューブで、薫るロックワイン♪

もっとおしゃれにロックワインを楽しみたいという人におすすめなのが、氷にハーブや柑橘系のフルーツなどを閉じ込めてつくるロックワイン。
つくり方は、製氷皿にハーブやフルーツをカットして入れ、水を入れて凍らせればOK。色鮮やかで目にも涼しいアイスキューブをグラスに浮かべるだけで、おしゃれなドリンクに早変わり! しかもワインの味わいに風味が加わって、カクテルの雰囲気も味わえます。ホムパでふるまえば、注目を集めること間違いなし!

◎ハーブならミント、ローズマリーがおすすめ

ロックワインに使うなら、ミント、ローズマリーなど、ワインの香りにもともとあるハーブを使うのがおすすめ。これなら余りがちなフレッシュハーブも使い切れるし、フレーバーキューブにしておけば、あとでお料理にもドリンクにも使えて一石二鳥!

◎フルーツならレモン、オレンジなど柑橘類がおすすめ

フルーツもハーブと同様、ワインがもともと持っている香りに似たフルーツを選ぶとさらに飲み口が爽やかに。白ワインならレモンやライム、オレンジ、グレープフルーツなど。ゆず、すだち、カボスなどの和柑橘もおすすめ。赤ワインならイチゴやクランベリー、ブルーベリーなどのベリー系がよく合います。水の代わりに余ったワインで氷をつくるのもアリ!

乾杯やデザートにインパクトがほしいならコレ!流行りのアイスキャンディでオシャレな一杯♪

近年、劇的に進化しているアイスキャンディ。大き目の果実がゴロゴロ入ったカラフルなフルーツバーが大流行りしましたよね。この夏は、そんな旬のアイスキャンディを入れたワインカクテルでおしゃれに盛り上がってみてはいかが?
つくり方は、お好みのアイスキャンディを入れたグラスにワインを注ぐだけ!冷たくてフルーツたっぷり、ワンランク上のお手製カクテルができあがります。
パーティのサプライズな演出としてもおすすめ。アイスキャンディの甘さが加わり飲みやすくなるので、乾杯やデザートにぴったりです。

◎オリジナルアイスキャンディをつくると味も格別!

市販のアイスキャンディもいいけれど、ワインに合わせたフルーツとジュースでオリジナルをつくると、味も香りもベストマッチ!
シャリシャリした触感&味の変化を楽しんで。すべて溶けてしまってもサングリア風になります。 また、余ったワインでアイスキャンディをつくるのも◎
型は100円ショップや雑貨屋さんでも手に入るので、気軽にトライしてみて!

◎キンキンに冷えたスパークリングワインと相性抜群!

特におすすめなのは、しっかり冷やしたスパークリングワイン。スパークリングワインの持つ華やかさと、注ぐときのシュワシュワッとした泡で気分も一気に盛り上がります。
スパークリングワインと相性のよいメロンやイチゴのアイスキャンディと合わせると、ちょっとリッチに。後味もさっぱりしてGOOD!

ワインの味わいを引き立てるフルーツやハーブを、夏にぴったりのアイスキューブやフローズンスイーツにして、カクテル風のおもてなしに。おしゃれな見た目で遊び心もたっぷり!
この夏はフレッシュな香りを添えて、ワインとのマリアージュを深めてみませんか?

みんなのホンネ 投票結果!

気になる投票結果を見てみよう

この記事のタグ
3件のコメントがあります。