Tips ワインを楽しむコツ
2016/05/19

ワインはどこで、いくらで買ってるの?イマドキ女子のワインライフ(後編)

「家飲みワインは1000円台まで」「買うのはスーパー」「グラスはカジュアル」「スナックをつまみに」など、前編ではワイン業務に携わるイマドキ女子たちの“家飲みスタイル”が浮き彫りに。後編はワインライフをさらに深堀り。2次会のお店を選ぶポイントやワインにまつわる悩み相談など、“ワインあるあるネタ”を繰り広げていただきます!
⇒ 前編はこちら

◎集まってくれたのはこの人たち

K子さん:ワイン会社のマーケティング担当。平日はもっぱらビール党。姉御肌で月に1度はホームパーティを開催。30代既婚。
M美さん:ワイン会社の営業担当。家のワイン収納スペースが狭いのが悩み。仕事もワインライフも充実のリア充女子。20代独身。
N美さん:ワイン会社の広報担当。「ワインはお店で」が基本だが、海外のさまざまな土地のワインをお土産に買うのが好き。20代独身。
MCメルコ

ワイン女子が選ぶお店の特徴は?

メルコ
早速ですが、前もって予定せずに「もう一軒、ワインのお店に行こう!」となったとき、みなさんはどうしてますか? おいしいお店をかぎつけるポイントってありますか?
M美
私は、木のテーブルやベンチがあって、店内は明るすぎず、オレンジ系の照明が灯っているような落ち着く感じのお店に魅かれます。あとは黒板があったり、生ハムが飾ってあったり、ワインのボトルがたくさん並んでいたり。見たことのあるワインがあればお店の好みも察しがつくので、初めてでも外さないですね。
N美
私もオープンな雰囲気で、木っぽいディテールだといいかなって思う。でも、人が少ないお店はやめておくかな。外から店内が見えて、活気があるお店を選ぶようにしています。
K子
私は絶対、検索しちゃう。特に土地勘のないところだと、正直よくわからないので、お店選びのサイトにアクセスして、「ワイン」「「〇〇〇(エリア名)」とか入れて、出てきた候補の中から一番近いお店をセレクトします。逆にやめておくのは、常連客ばかりでマスターと話し込んでいるようなお店。既に盛り上がっていたりすると、少しだけ入りにくいかも。こっちの人数が多ければ太刀打ちできるけど(笑)。
メルコ
みなさんそれぞれですね。ちなみに一人で飲みに行くことってありますか?
M美
私、最近、一人でも行っちゃう。ごはん作るのが少し面倒で外で済ませたいときや、1杯だけ飲んで帰りたいときは一人でもサクッとふらっと(笑)。
N美
それって憧れるけど、日常だとなかなかハードルが高くて…。でも、旅先や出張先なら一人で入ることもあります。もちろん検索はします。駅の近くで、カウンターで食事もワインもいけるお店を探します。
K子
私は、専門店の中に飲めるスペースがあると、たまに入ります。デパートのワイン売り場とかをのぞいたついでに一杯とか。それだとデパ地下でジェラートを食べる感覚に近くて、「スパークリングだけ一杯飲んで帰ろうか」とか「600円だからいいか」って感じになるし、一人でも入りやすいかなと思う。女性の一人客、意外に多いですよ。
M美
そういえば、最近はアルコールが飲めるカフェチェーン店も増えてきましたよね。夕方お酒を飲んでいる雰囲気が海外のカフェみたいですごく素敵でした~!
K子
一杯だけ飲んで帰りたいという人にとっては、絶好の場所かもしれないね。

ワインにつきもののアクシデント、どう解消してる?

メルコ
ところで、ワインにつきもののアクシデントというと…?
K子
誰かしらワインをこぼして、服にシミをつけている。白いシャツにピッとはねちゃうと、お店で大騒ぎになるよね(笑)。
N美
赤ワインのシミがついたら、白ワインで拭くといいって言いますよね。たしかに、水よりは落ちる気がする。あと、私は持っていないけど、シミ抜きをいつもバッグに入れていると言う人もいます。それより私は、赤ワインで唇が黒っぽくなるほうが気になるんですが、何かいい方法を知りませんか?
K子
飲んでる途中で拭くかどうかじゃない? 私はおしぼりでしょっちゅう拭いてるけど。
M美
私もナプキンで軽く抑えるようにしています。トイレに行ったら鏡で絶対チェックします。あとは、あんまり唇につけないようにして飲むというか…。
メルコ
なるほど、確かにこまめなケアが必要かもしれませんね。ほかにもお酒の失敗といえば二日酔いがありますが、何か気をつけていることはありますか?
N美
ワインと同じ量の水を飲むと二日酔いになりづらいって言いますよね。あとは、白湯をチェイサーにしてお酒を飲むと、酔いがまわりづらいと聞いたことがあります。
K子
私は寝る前に水とビタミンCのサプリメントを飲みます。飲んだあと、抗酸化作用のあるものを摂るといいって聞いたので実践してます。
N美
私は100%オレンジジュース。これもビタミンCですよね?

夏に向かってワインでやりたいことは?

メルコ
ワインは友達との楽しい時間を広げてくれるものであり、一人でもぜいたくなひと時をくれる魅力的な飲み物だということがわかってきたところで、最後に、この夏に叶えたいワインとのシアワセな時間について教えてください。
M美
パッと浮かぶのは、BBQシーズンなので、今まではワインを持ち込んでいたけど、今年はスパークリングワインを開けてパーッとやりたいです。最近は、手ぶらで行けるBBQ場もあって、準備ゼロでいいから便利ですよね。
N美
昼間から外飲み、いいですね。私もおいしい泡がいいな♪
K子
壮大な夢は、赤ワインで有名なボルドーのメドック地方で毎年9月に開催されるメドックマラソンに参加すること。別名「食いしん坊マラソン」とも呼ばれていて、ワインはもちろん、給水ポイントには前菜から始まり、メインディッシュ、デザート、チーズまで並ぶんです。巨大なパーティ会場を走る感覚!?
でも、それはあくまで夢で、現実的にはワインを持ってピクニックに行きたいです。たとえば、晴れた日に公園に行って、買ってきたおつまみやお弁当を食べながらワインを飲む。それだけで気持ちが満たされて幸せな気持ちになれそう。
N美
いつもと違うシチュエーションで気分がアガるってありますよね。芝生が広がっているような公園なら、木陰で草木の香りや太陽の光を感じながら飲んでみたい。川べりで水を感じながら飲むのもいいかも。
K子
公園にある木のテーブルにワインと簡単なおつまみを用意して、女子2人で飲んでいるのを見たりすると、やってみたいなあと思う。
M美
実は私、今年のお花見シーズンに、公園までデリバリーしてくれるピザ屋さんに出前をお願いしました! せっかくなのでおしゃれなシーンにしたくて、段ボールを持っていってテーブルクロスをかけて、プラカップではなく足つきグラスを用意して。
K子
すごい!
N美
いいですね~♪
M美
かといって、SNSにはアップしないんですけどね(笑)。
N美
飲み方の演出はたしかに年々おしゃれになってきてますね。プラカップで満足していたのが、足つきグラスを持っていくようになったり、ひと手間かける人が多くなったなと感じます。
K子
大がかりじゃないけど、こだわる部分はしっかりある。一度味わったらやみつきになりそうな休日の過ごし方!
メルコ
ともかく全員一致で、この夏は“外飲みワイン”に決まりですね!
みなさん、盛りだくさんなお話をどうもありがとうございました!

⇒ おしゃれなお外ワイン&ごはんのコツはこちら
⇒ 夏はワインで大人BBQを楽しもう! はこちら

みんなのホンネ 投票結果!

気になる投票結果を見てみよう

この記事のタグ
 現在コメントはありません。