週イチーズ
2017/05/18

カマンベール・ド・ノルマンディ (若めのタイプ)

213 view
2
クリップ
CAMEMBERDENORMANDIE
  • チーズの種類:白カビ
  • 乳種:牛
  • 季節:春・夏・秋
  • 価格:500~999円
チーズ界のスーパースター
カマンベール・ド・ノルマンディ

フランス、北西部ノルマンディ地方の小さな村、カマンベールに由来する世界で最も有名なチーズのひとつ。フランス革命から逃れてきた司祭がこの村にかくまわれ、そのお礼にと村の農婦マリー・アレルにチーズ造りのヒントを教えたのが始まりと言われています。世界中で造られているカマンベールですが本家本元は「ド・ノルマンディ」付きな事をお忘れなく!

チーズとワインのマリアージュには二つの美味しい法則、「同調・Similar」と「対比・コントラスト・Contrast」があります。これが基本的原則です!
若いうちは白カビも真っ白でマッシュルームのような香りと、チーズの中心部にはやや芯がありますが、熟成すると白カビは赤茶色が加わり、香りが複雑に、芯はなくなります。無殺菌乳で造られているためコクがあり濃厚でクリーミー。その味わいとまさに同調するのが、マロラクティック発酵(*)を施しているクリーミーでコクがあるシャルドネ。若いものも熟成したものにもベストマッチですが、これからの時期は爽やかさを感じる若めのものがおすすめです。
* ワインに含まれるリンゴ酸が乳酸菌によって乳酸に変換される事。酸味がおだやかになり、バターのような香味をもたらす。
  1. シャルドネ
  2. ソーヴィニヨン・ブラン / ピノ・グリージョ
  3. ピノ・ノワール
クリーミーな果実味のあるシャルドネがベストマッチ
カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ

【色】白
【国】チリ
【地方】アコンカグア
【地区】カサブランカ・ヴァレー
【原産地呼称】D.O. カサブランカ・ヴァレー
【生産者】コンチャ・イ・トロ

その昔、貯蔵してあったワインのあまりのおいしさから盗み飲みが絶えなかったため、創立者ドン・メルチョー氏が『この蔵には悪魔が棲んでいる』という噂を流し、その美酒を守ったという、『悪魔の蔵』の伝説を持つワイン。フレンチオークおよびステンレスタンクで発酵、熟成。この蔵は今もなおコンチャ・イ・トロ社に現存し、大切なワインが眠っています。ゴールドの輝きのある青みがかったグリーンイエロー。フレッシュな始まりでパイナップルやモモのアロマにフレンチオーク由来のヘーゼルナッツが感じられます。新鮮でいきいきとした酸がバランス良く、しっかりとした構成。最後に洋梨や白桃の繊細なヒントがトースト香とともに見つかります。

Amazonバナー Amazonバナー

皮付きのリンゴのスライスを添えて
フランジア スパークリング

【色】白
【国】日本
【地方】日本
【地区】日本
【生産者】ザ・ワイングループ

世界No.1ブランド『フランジア』のスパークリングワイン(※単一ブランドでの販売量/IMPACTDATABANK2012EDITIONより)。太陽たっぷりのカリフォルニアの契約農家で育ったブドウを朝摘みし、ブドウが冷えているうちに醸造を始めることで、フレッシュ&フルーティですっきりとした味わいに仕上げています。きめ細やかな泡、フルーティな香りとさわやかな酸が感じられ、口当たりが良く飲みやすいので、食事にあわせやすく、人が集まったときにも皆で楽しめます。ちょっと良いことがあった日やホームパーティなど、気分に合わせてお楽しみください。

Amazonバナー Amazonバナー

2件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください