これでバッチリ!ワインの基礎知識

ワインは酒類の中でも最もデリケート。保存方法が適切であれば、ある年数までは瓶の中で飲み頃に向かってゆるやかな熟成を続けます。逆に保存状態が悪いと早く劣化し、変質してしまいます。
ここではワインを保存する際のポイントをまとめてみました。

ワイン保存の基本

ワインを上手に保存するには、6つの条件があります。次の条件を守って、大事なワインを保存しましょう。

温度
比較的涼しく、温度差の少ない場所、13〜15度の温度が最適です。温度の高い場所はワイン変質の原因となります。
湿度
湿度は75%前後が最適。湿度が高すぎると、ラベルにカビなどが発生する場合があります。エアコンなどによるコルク栓の乾燥には注意しましょう。
日光はワインを極端に変質させ、日光臭という不快臭を発生させる可能性があります。暗所に置くことが必要です。
振動
瓶内で静かに熟成しているため、不要な振動は変質の原因にも。振動のない場所に保存することが必要です。
空気
瓶を立てておくとコルク栓が乾燥して収縮し、そこから空気が入って酸化が進みます。必ず、ワインのボトルは横に寝かして保存しましょう。また、コルク栓の乾燥を防ぐため、ボトルの底の部分を手前にするのもポイント。
匂い
コルク栓を通して匂いが吸着しやすいので、強い異臭を放つものの近くには置かないように注意しましょう。
 

自宅で保存する場合

購入してすぐに飲む場合と、長期保存をする場合とでは分けて考えましょう。

デイリーワインや、早めに飲む場合
1日の温度変化が少なく、涼しい場所
家庭では床下収納や押入に紙にくるんで横に寝かして保存するのがベターですが、長期の保存はおススメできません。
日本の夏は温度変化も激しく、閉め切った部屋や押入などで保存すると、ワインの品質状態が悪くなる可能性が大!
大切なワインや、長期保存する場合
ワイン保存専用のセラー
彼女の誕生日や結婚記念日の思い出と一緒に、おいしいワインを集めたい、そんな方におススメ。
ワインの熟成にとっての大敵、振動や光を遮断し適切な温度・湿度管理が簡単にできるワインセラーが市販されています。100本以上収納可能な業務用だけでなく、20〜30本収納の家庭向けも人気が高くなっています。
  • コラム
  • 冷蔵庫での長期保存はNG?
ワインを急いで冷やしたり、数日で飲むときに冷蔵庫は便利。ですが、冷蔵庫は温度と湿度が低すぎる上に、扉の開閉による温度変化も激しく、また庫内の匂いも移るため、1年以上の長期保存には適しません。
高級ワインを長期保存し、10年後、20年後に楽しむ場合は、市販のワインセラーで保存されることをおススメします。

飲み残したワインを美味しく保存する方法

「ワインボトルは開けても飲みきれない」「ワインの飲み残しはどうしたらいいのだろう」そんな悩みを持っていませんか?
スパークリングワイン以外のワインであれば、上手く保存をすることで、開栓後しばらくは風味を損なわず飲むことができます。
ここでは飲み残しワインを美味しく保存するコツについてご紹介します。

飲み残しワインの大敵

いったん栓を開けたワインの敵は「空気中に含まれる酸素による酸化」です。

ワインはボトルを開けると、空気中の酸素に触れてゆっくりと変化します。これが酸化です。
 酸化することによって少しずつワインの味は変化しますが、酸化が進みすぎるとワイン本来の風味を大きく損ねてしまいます。

 

飲み残しワインを上手に保存するには

あまったワインの風味が落ちるのを遅らせる方法は、「できるだけ空気に触れさせないこと」です。代表的な保存方法を3つ紹介します。

抜いたコルクで栓をする 市販の密閉用の栓を使用する 小さな容器に移す
最も手軽に行える方法は、抜栓したコルクを刺し直して密閉することです。これだけでも2〜3日は風味を損なわずに飲むことができます。
なお、抜栓したコルクにラップを巻きつけてから栓をすると、空気が通りにくくなるので、ぜひお試しを。 市販されている、ワイン密閉用の栓を使用するのも良いでしょう。
小型の手動ポンプがセットになっており、瓶内をできるだけ真空に近くすることによってあまったワインの酸化を防ぐことができます。 空びんなど小型の容器に移し替えるのもおススメ。
ポイントは注ぎ口ギリギリまであまったワインで満たして、できるだけ空気に触れさせないこと。
容器内の空気の量や接触面が通常のワインボトルより少ないため、風味が落ちにくくなります。
  • 抜いたコルクで栓をする
  • 最も手軽に行える方法は、抜栓したコルクを刺し直して密閉することだ。これだけでも2〜3日は風味を損なわずに飲むことができる。
    なお、抜栓したコルクにラップを巻きつけてから栓をすると、空気が通りにくくなるので試してみて欲しい。
  • 市販の密閉用の栓を使用する
  • 市販されている、ワイン密閉用の栓を使用するのも良い。
    小型の手動ポンプがセットになっており、瓶内をできるだけ真空に近くすることによってあまったワインの酸化を防ぐことが可能だ。
  • 小さなボトルに移す
  • 空のビンなど小型の容器に移し替えるのもおススメ。
    ポイントは注ぎ口ギリギリまであまったワインで満たして、できるだけ空気に触れさせないこと。
    ボトル内の空気の量や接触面が通常のワインボトルより少ないため、風味が落ちにくい。
 

飲み残しワインは必ず冷蔵庫へ

上記の方法でワインを密閉したら、直射日光をさけ、低温保存した方が微生物などの発生を防げます。赤ワインでも冷蔵庫で保存した方が良いでしょう。
また、冷蔵庫で保存する際には、空気と触れる面を極力減らすため、寝かせずに縦置きで保存すること。
ただし、冷蔵庫に保存したからといって何ヵ月も風味が変わらない訳ではありません。できれば、1週間程度を目安に飲みきってしまいましょう。

 

スクリューキャップやバッグ・イン・ボックスなどの容器を選ぼう

スクリューキャップやバッグ・イン・ボックスなど、一度に飲みきらなくてもよい容器に入ったワインも増えています。
スクリューキャップワインは冷蔵庫に入れておけば1週間程度、酸素に触れにくいバッグ・イン・ボックスに入ったものなら1ヵ月程度は楽しめます。
あらかじめ、これらの容器に入ったワインを選んでおけば、ワインを飲み残しても心配ありません。

フランジアの「バッグ・イン・ボックス」

この記事のタグ
「いいね!」と言っている人