これでバッチリ!ワインの基礎知識
2016/07/08

ハンガリー

388 view
クリップ

世界三大貴腐ワインの一つ、トカイワインで知られる

資本投資による先進設備の導入をはじめ、積極的な品質の向上に努め、今や「東欧ワインのルネッサンス」と称されるハンガリーワイン。特に世界の三大貴腐ワインの元祖、トカイの極甘口ワインが有名です。

 

ハンガリーワインの特徴

ハンガリーは大陸性気候に準じており、夏は乾燥期を迎えて暑く、冬は寒さが厳しいという特徴を持っています。ハンガリーの有名なワイン産地には、西部の東ヨーロッパ最大の淡水湖バラトン湖の北岸一帯と、東北部の温暖な盆地トカイ地方、そして首都ブダペストとトカイの中間に位置するエゲル地方があります。土壌は多岐にわたりますが、バラトン湖北岸のバダチョニーの丘やトカイ地方の産地は、火山岩系土壌からなり、平原地帯は砂礫土壌となっています。

貴腐ワインは、世界で最も希少価値のあるデザートワイン

貴腐ワインは、もともとブドウにとって腐敗をおこすボトリティス・シネレア菌が、稀に成熟した実に巧妙に働いた場合に素晴らしい貴腐となるものです。この菌がブドウに付着すると糖分の多い、しわしわにしぼんだブドウになります。

貴腐をおこしやすいブドウは薄い果皮の品種です。発酵は糖度が高いためにゆっくりと時間をかけて進行します。また、ブドウには特別な香味成分が付け加えられるため、貴腐ワイン独特の香りと芳醇な味わいが生まれます。世界で最も希少価値のあるデザートワインとして珍重されています。

フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、そしてハンガリーのトカイ・アスー・エッセンシアが、世界三大貴腐ワインと称され、トカイは他の2つの元祖でもあります。

この記事のタグ
0件の「いいね!」がありました。